今年1月に友人3人と日本を旅行中だったワンウィサー・チャイチャンさんは、雪を見に行った際に突然の心臓発作で意識不明に、東京医科歯科大学病院へ搬送された。

発症当時の診断では生存率が0.2%とされていた。

手術代や入院費など高額な医療費用は、合計で1,600万円(約530万バーツ)を上回ったが、東京のタイ大使館が約半分にあたる850万円(約280万バーツ)を支援。残りは、ワンウィサーさん自身がタイに戻ってから分割で返済することに病院との話し合いできまった。

その後タイのネットやテレビなどで募金が呼びかけられ、約50万バーツ(約150万円)が、タイ全土から寄せられた。母親はそれを手にチェンマイから東京の娘の元へと駆けつけて見守り続けた。その後奇跡的に回復し今では故郷チェンマイに戻り普通に暮らしているという。

最近日本でもテレビや新聞で今回の件が取り上げられる事が多くなっている。それに伴い在京タイ大使館は2017年9月4日に公式ウェブサイトにて、ワンウィサー・チャイチャンさん(愛称ジップさん)に対する支援先を紹介しています。

詳細はこちら。https://jibsmile.club/

【寄付金の入金方法】
PaypalのあるATMによる振込み
振込先のメールアドレス wanwisa.jeeb@hotmail.com